私の #オタクMOR

概要

アイマスのオタクが、ラジオ番組MUSIC ON THE RADIOのごとく語りたい曲を挙げ、人によっては実際に語るという「#オタクMOR」というのが昨年5月に流行っていた。そのときに私は曲名を挙げるだけで語る内容までは考えていなかったのだが、ずっと「一度まとめてみたい」という気持ちはあったのであった。

その後それとは別に、3月7日・8日開催予定だったSideM PRODUCER MEETINGが中止になったことを受けて「#コロナのせいでイベント中止になったからオススメのアイマス曲紹介する」というハッシュタグが作られているのを見つけたので、それでは以前から構想していた上記のオタクMORをやろう!ということにしたのである。

なお今回語る曲は、オタクMORのときに私がツイートしたもの(下記)をもとに、3曲ほど加えたものになっています。

[765AS] 何度も言えるよ

アイマスにしばらく触れた結果、自分は萩原雪歩を担当したい!と思うようになったのだが、その後に出たこの曲が特に自分に刺さったのである。これまでの雪歩曲というと「First Stage」「Kosmos,Cosmos」「ALRIGHT*」といったかっこよさ重視の曲が続いていたが、これは純粋に楽しめるタイプの曲だ!と思ったのが大きいのだったと思う。あとライブでもとにかく楽しめる。

[765AS] 自分REST@RT

アイドルマスター(アニメ)では一番好きな曲です。
もう少し言うと、同じ回のその前にあった「マリオネットの心」と合わせてと言うのがよいかもしれない。アニメ1期の最終回、ライブ進行のピンチを全員で乗り切るというシーン、そしてアイドルとしての頑張りを歌う曲の内容で感激します。
アニメ2期にもそれはそれでハイライトとなるシーンはいくつかあるのですが、ここが一番心に残っています。

[961] アルティメットアイズ

アイドルマスター ワンフォーオール」のライバルアイドル・玲音の持ち歌の2曲目。
これを聞いていると、戦闘態勢って気分になれるのです副業での主要作業用BGMの一つになってます
あと、歌唱や伴奏の強さにあまり波がない(落ちサビは別としても、サビとそれ以外の部分で大きく強さを変えていない)のが特徴的だと思うのです。それが玲音のアイドルとしての絶対的な強さ(ゲーム中だと「オーバーランク」)を暗に出す効果があるのかもしれない。

[シンデレラ] Shine!!

シンデレラガールズ(アニメ)2期オープニング曲。
もしかしたら、シンデレラガールズ全曲の中で、今なお自分にとって一番好きな曲かもしれない。
悲壮感も交えたメロディと歌詞から、アイドル達がこんな頑張りをしていると…と思うと感激します。アニメの当時、毎週ドキドキを高めてくれていました。
ちなみに作曲は、私がシンデレラガールズ曲の作曲者として特に信頼を置いている滝澤俊輔さんです。

[シンデレラ] 生存本能ヴァルキュリア

デレステ初出の曲ですね。
当時、MASTERのフルコンボが取れそうで取れないという状況が続いていたのだが、曲が好きだったから頑張れたのであった。あとはこれをフルコンボするために鍛えられたのが後にもかなり生きているのです。なおフルコンボまで(イベント期間も合わせて)たぶん120回くらいはプレーしてます…

[シンデレラ] EVERMORE

シンデレラガールズ5周年曲。
5年を経過してもまだまだ進んでいくという期待感を持たせてくれる曲なわけですが、それは5年を超えてまだまだ進んだ後に聞いても同じ気持ちを感じさせてくれると思っています。
あと、シンデレラガールズのLIVEでは最後の最後の曲は「お願い!シンデレラ」が通例ですが、もし何か別の曲をシンデレラガールズのLIVEの締めに使うとしたら?と言われたら「EVERMORE」が特に合っていると思っています。ちなみに2020年2月の7thLIVE大阪ではアンコール前の最後の曲でした。
ちなみに、前述した滝澤俊輔さん作曲(田中秀和さんとの共作)です。作詞もShine!!と同じく森由里子さん。

[シンデレラ] Palette

ただの担当案件、と言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが…
ピンクチェックスクールの1曲目「ラブレター」と違って、大人っぽさ、おしゃれさを見せてくれたというのが大きいです。曲のイメージ的に、化粧品のCMとかに使うと合いそう。
あと伴奏もピアノやギターがかっこいい。2020年2月の7thLIVE大阪で生演奏で聞けたのは本当よかった。
デレステ内でも、コミュで「トップアイドルになるために頑張る」という姿を見せてくれたりとか、2Dリッチの演出とか、もう全ピンクチェックスクールPが泣いたのではないかと思います。

[ミリオン] Believe my change!

伊吹翼のソロ2曲目。ただ初めて聞いたのは2ndLIVE(2015年4月)の2日目(当時はミリオンライブのCDはあまり追えてなくて)。これで「おっ、この曲いいな」と思い、その後聞けば聞くほど好きになっていったのであった。
「伊吹翼」という名前にちなんで「翼」が歌詞のテーマの一つになっているが、それがメロディともよく合って、羽ばたいていく伊吹翼というのをよく表現した名曲だと思っています。最近ミリシタに実装されてうれしい。
ちなみに導線は、乙女ストーム!は中の人全員推しです

[ミリオン] Brand New Theater!

ミリシタのサービス開始に合わせての新曲。新たな舞台が始まる、というワクワク感を出してくれている。
その意味で、伴奏も「華やかさ」がポイントなのかなと思っている。要所要所で入る「ファンファーレらしさ」というか。

[ミリオン] Flyers!!!

ミリシタ2周年曲。
前記のBrand New Theater!とは「ファンファーレらしさ」という意味で共通した良さがあるのですが、イントロがまさに行進曲という感じで、「一歩一歩進んでいく」感があるなと思っています。
あと、もともとミリオンライブ曲の作詞者として唐沢美帆さんにはかなりの信頼を置いていたのですが、2周年という大事なところでもいい仕事をしてくれたと思っています。

[SideM] JOKER↑オールマイティ

SideMの曲をあまり知らなかった当時、某氏のプレイリストに入っていてたびたび聞く機会があって知って好きになった曲。
High×Jokerらしい歌詞と、曲の力強さが好きです。ハイパー楽しいことしようぜ!

[シャイニー] ハピリリ

[asin:B07H59NYR7:detail] これも担当案件ではあるのですが。
アルストロメリアの曲は「アイドルらしさ+おしゃれさ」という曲が多いのですが、これは可愛さに思いっきり振った曲。基本的にこの曲が流れたら私は昇天します
三人の「違うタイプの声の可愛さ」も注目どころ。

[シャイニー] Ambitious Eve

この曲が初出となった1stLIVE(2019年3月)で聞いてはいたのだが、そのときは一度聞いただけでちゃんと覚えていなかった。ただ後で聞いてすごく好きになった。
上記のアルティメットアイズ同様、これも戦闘態勢に入れる曲ですね。サビで曲の雰囲気が明るくなるのもいいポイント。